人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

カ〇ブス

久しぶりにカーブスに行ってきました。
暫く休んでいると、運動すると疲れる気がします。

午後はいっぱい溜まったアイロンがけ。
そして、お昼寝をして寝不足解消です。(*^^)v
by shige_fs | 2013-05-21 23:09 | Comments(0)

chiroさんと

6月に今度はchiroさんと尾瀬に撮影旅行に出かけるので、一緒に旅行代金を支払いに行ってきました。

トレッキングシューズを買うのにも付き合ってもらい、色々アドバイスをして頂けて助かりました。
食事の後は、喫茶店でコーヒーを飲みながら久しぶりにゆっくりとお話もできました。\(^o^)/
by shige_fs | 2013-05-20 23:00 | Comments(0)

おばあちゃんに会いに

昨夜から、5回洗濯機を回していますが、すぐに乾いてくれるので助かります。

午後は旅行に行く前に頼んでおいたミラーレスのカメラ、オリンパスのE-M5を受け取りに行きました。
早速家に帰って試したい所ですが、おばあちゃん会いに行かなければ。^^;

おばあちゃんの所に行くと、「あんた、旅行に行ってたの?」
えぇ~~~!どうして知ってるの?(@_@)
と思ったら、「修学旅行に行ってきたの?」o(〃^▽^〃)oあははっ♪

夢でも見ていたのでしょうね。
たとえ、話しておいても覚えている筈はないんだから。
それにしても、タイミングが良すぎます。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
by shige_fs | 2013-05-19 22:44 | Comments(0)

帰宅

成田へ着いたのが10時半。
成田発は15時50分発ですが、荷物を受け取り、国内線乗り場にバスで移動し、荷物を預けて後はレストランにでも入ってゆっくりと昼食を食べたりしていたら、すぐに搭乗時間になると思いました。

国内線の所で荷物を預けて、お茶でも飲もうと喫茶店を探したのですが、コンビニのようなものが一つあるだけ。

中に入ればあるかと、セキュリティー検査を受けて中に入ると、ここでもコンビニがあるだけ。(>_<)
喫茶店一つありません。

仕方がないので、待合室で旅行前に読んで行こうとした『銀色のフィレンツェーメディチ家殺人事件』がまだ途中だったので、その本を読んで時間をつぶしました。(゚m゚*)プッ

そして、コンビニの隅に立ち食いに近いラーメン屋さんがあったので、そこでラーメンを食べました。
普段は何か月に一度くらいしかラーメンは食べないのですが、なぜかとても懐かしく思えました。o(〃^▽^〃)oあははっ♪

家に着いたのは18時過ぎ。
宅配のお寿司を頼んで、まずはお洗濯です。
by shige_fs | 2013-05-18 22:25 | Comments(0)

イタリア最終日

いよいよ、今日で帰国ですが、午前中にヴァチカン美術館の見学です。
c0077531_228184.jpg

ここから入るのではなく、横の小さい入り口でした。^^;

世界最大級の美術館とのことで、膨大な数の作品です。
ガイドさんがピックアップして案内してくれますが、通路にも天井にも床にもと建物全体が美術作品に埋もれている感じです。
c0077531_22283911.jpg

天井のフレスコ画
c0077531_22434087.jpg

c0077531_2244183.jpg

タぺストリーのギャラリー(通路にありました。)
c0077531_22473247.jpg

地図のギャラリー(これも通路です。)
c0077531_2249113.jpg

無造作と思われるように通路に彫刻も置いてあります。
c0077531_22564821.jpg

建物も作品も古いものなので、常に修復しているようです。
c0077531_2254087.jpg


そして、システィーナ礼拝堂
ローマ教皇を決める時のコンクラーべの間です。
さすがにここは、撮影もおしゃべりも禁止です。
ガイドさんもここに入る前に説明してくださって、この中では話しません。
ミケランジェロが描いたという有名な天井画や最後の審判などよりも、コンクラーベの時に閉められた重そうな扉が目の前にある方に感動した私でした。(゚m゚*)プッ

それから一昨日行けなかったサンピエトロ寺院です。
これらはすべて一ヶ所にあります。
c0077531_23374030.jpg

c0077531_2344359.jpg

寺院の天蓋
c0077531_2338537.jpg

ミケランジェロのピエタ
ピエタとは、十字架から下ろされたキリストを抱く母マリアの絵や彫刻のことをさすそうです。
c0077531_23443650.jpg

そのほかにも大きな彫刻が沢山ありました。
c0077531_23515191.jpg

そして、ここは教会なので、ミサも行われていましたし、結婚式にも遭遇しました。(*^▽^*)
c0077531_23525891.jpg


こうして、イタリアの旅に終わりをつげ、空港へと向かいました。
by shige_fs | 2013-05-17 20:28 | Comments(0)

青の洞窟

今日はオプションで青の洞窟へ行きます。
ところが、今まで良いお天気だったのに、今日に限って雨。
しかも強風!がーん…llllll(-_-;)llllll

青の洞窟は雨でも波が高くても見ることはできません。
天気予報では、イタリア全土雨の予報とのことで、ここまで条件が悪ければ却って諦めもつきます。(+_+)
でも、とりあえずナポリに出発。

ところがバスに乗っている間に雨が上がりました。
風も徐々におさまってきて、期待感が膨らむので、「念を送ってください」と言っていたガイドさんが、今度は皆の気持ちを静めにかかります。(゚m゚*)プッ

ナポリからカプリ島へ船で渡り、小型の船に乗り換えて洞窟に向かいます。
何と、洞窟に入る船が運航していたのです!\(^o^)/
c0077531_22375551.jpg

小さな洞窟がいくつも見えてきました。
c0077531_22373460.jpg

ここで、又5人乗りの小さな舟に乗り換えるので、予約を取っていても1時間ほど待たされることは普通とのことでしたが、くじ引きの結果私たちのツアーが一番だったので、少し待っただけで入ることが出来ました。

小舟がやっと一艘入れるほどの小さな穴なので、皆寝転ぶような格好で入ります。
これだから、少しでも波があると中止になってしまうのですね。
c0077531_22471076.jpg

洞窟なので、中は真っ暗ですが、船頭さんに「後ろを見て」と言われて(日本語でした)入り口の方を見ると
c0077531_22501640.jpg

入り口からの光でお水が青く輝いて見えるではありませんか。
それはまさに感動でした。(*^▽^*)
100%無理だと思っていたので、その喜びは倍増したように思えます。
入り口に比べ、中は思いのほか広かったです。

カプリ島で昼食を食べ、私達のツアーが一番早かったので、食後1時間ほど自由時間ももらえ、お買いものを楽しんだりすることも出来ました。
c0077531_22575837.jpg

by shige_fs | 2013-05-16 10:06 | Comments(0)

ローマへ

今日も良いお天気!(*^▽^*)

4時間ほどかけてローマへと出発です。
途中アグリツーリズモ(素朴な農家風レストラン)にて昼食
c0077531_22401745.jpg

c0077531_22411413.jpg

c0077531_22404530.jpg

日本で言うと民宿でしょうか、イタリアの人達にもこういう田舎に来るのが流行っているそうです。

サンピエトロ寺院を観光する予定でしたが、水曜日は法王様がいらっしゃる日で、とても混んでいるので明後日に回しました。

まずはスペイン広場。あのアン王女がアイスクリームを食べていた階段です。(*^▽^*)
c0077531_22504012.jpg

c0077531_22514231.jpg

ここにあるこの泉がトレビの泉かと思っていたら違っていました。^^;
c0077531_22551952.jpg

トレビの泉はこちら。
c0077531_233799.jpg

c0077531_2344780.jpg

あまりにも立派すぎてイメージとは違います。^m^

そして、コロッセオ
c0077531_2315113.jpg

c0077531_9474785.jpg

この巨大な建造物が弥生時代に建てられたというのですから驚きです。
しかも、ドームのように開閉式の屋根まであり、人力で動かすエレベーターまであったというのですから。(@_@)
しかし、この為にどれだけ多くの人が苦労をしたかと想像すると素直に感嘆ばかりはしていられません。
by shige_fs | 2013-05-15 22:36 | Comments(0)

フィレンツェ

今日も良いお天気!(*^▽^*)

まずはウフィッツィ美術館から。
入る前から沢山の彫刻に圧倒されますが、予約制なのでのんびりはしていられません。^^;
c0077531_1710479.jpg

メディチ家が集めた美術品を収蔵してあり、「ヴィーナス誕生」「聖家族」「受胎告知」等々ルネッサンス時代の膨大な量があり、ガイドさんが有名な作品だけを選んで紹介して行ってくれますが、それでも並大抵ではありません。

ヴェッキオ橋
c0077531_215273.jpg

ヴェッキオ橋とは古い橋と言う意味で、フィレンツェ最古の橋だそうです。
調べた所、メディチ家の自宅(現ピッティ宮殿)と執政所(現ウフィツィ美術館・因みにウフィツィとは英語でオフィスのこと)を結び、一族だけが市内を安全に通行できるように作られた空中回廊とのこと。
よくみると、橋から飛び出したように建物が並んでいますが、宝石屋さんらしい。

ドゥオモ(花の聖母寺)見学です。
c0077531_17434069.jpg

大聖堂の天蓋
c0077531_22254132.jpg


次はピサの斜塔です。
c0077531_22284654.jpg

c0077531_22293046.jpg

想像していたものよりずっと傾いていました。

狭い階段なので、荷物は全部(カメラは可)ロッカーに預けて登って行きますが、一列に並んで登っていくので休めません。
途中踊り場のような所があるので、列から外れることはできますが、見栄で頑張りました。(゚m゚*)プッ
297段あるそうです。
鐘楼から見た風景です。
c0077531_22455764.jpg

c0077531_22474455.jpg

らせん階段をもう少し登って鐘つき堂まで
c0077531_22495746.jpg


ピサの斜塔はオプションなので、夕食はついていません。
疲れてしまったので、ホテルの近くのスーパーへお買い物に行き、食べ物を買ってきて夕食としようとしたのですが、お買い物の仕方がわかりません。
八百屋さんでもお惣菜屋さんでも銀行にあるような番号札を取って順番に頼むのです。
親切なおばさんが身振り手振りで教えてくれました。(*^^)v
by shige_fs | 2013-05-14 16:54 | Comments(0)
昨夜の雨も上がり良いお天気!\(^o^)/

朝食前にヴェネチアの町を散策しました。
狭い所なので、細い道が入り組んでいます。
c0077531_16465969.jpg

c0077531_1647113.jpg

交通手段は言わずと知れた船です。
c0077531_1650656.jpg

朝市が開かれると言うので、行ってみました。
月曜日なので、魚屋さんはお休みですが(日曜日は休漁日なので)八百屋さんが準備をしてました。
c0077531_1656714.jpg

c0077531_16561349.jpg

リンゴは沢山採れるのか、ホテルやレストランでインテリアにも使っていましたが、日本のに比べると小ぶりです。
パプリカは大きかったです。
いずれにしろ無造作に並べられていました。

朝食後は昨夜行ったサンマルコ広場です。
サンマルコ広場にある大鐘楼
c0077531_15381151.jpg

この上に上れば広場全体を写すことも出来るのでしょうが、何しろ時間がありません。
どこもかしこも行列です。
c0077531_15432810.jpg

サンマルコ寺院。
屋根が半分修理中だったので、全体の写真はありませんが、ここも大変立派な教会です。
c0077531_17391482.jpg

c0077531_17404395.jpg

色とりどりの大理石の柱がまるで絨毯の見本のようでした。^m^
大理石って、こんなにも色んな色があるのですね。

いよいよ楽しみにしていたゴンドラに乗って運河を回ります。
c0077531_15511540.jpg

c0077531_1556531.jpg

狭く入り組んだ水路には道路と同じようにカーブミラーがありました。(^.^)
c0077531_2246391.jpg

こちらは大運河です。

サンマルコ寺院の裏側?にあるドウカーレ宮殿に行きましたが、なぜか宮殿の画像はありません。σ(^_^;)アセアセ...
これはコの字型に建っているドゥカーレ宮殿から中庭と向かい側のドウカーレ宮殿を写したもの。
右奥の丸い屋根はサンマルコ宮殿です。
c0077531_1655711.jpg

c0077531_16101826.jpg

奥に見える全体が囲われた橋は、尋問室(右側)と古い牢獄(左側)を結んでいて、この小さな窓からの眺めは囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色であった為、ためいき橋と呼ばれているそうです。

バスに4時間ほど乗って、フィレンツェに到着。
高台からフィレンツェの街を見下ろしました。
c0077531_16372649.jpg

c0077531_16374876.jpg

by shige_fs | 2013-05-13 16:41 | Comments(0)
良いお天気!
まずはスフォルツェスコ城の見学から。
c0077531_22421880.jpg

後に城塞となりました。
c0077531_2244613.jpg


次はスカラ座
c0077531_22455171.jpg

教えて貰わなければ見落としてしまいそうな、この辺りにしてはこじんまりとした建物です。

スカラ座広場とドゥオモを結ぶアーケードでミラノのもう一つの顔となっているガッレリア。
c0077531_054257.jpg

格調高いお店が並んでいます。 
c0077531_22542278.jpg

お店の看板は黒地に金色の文字と決まっているそうです。

下もモザイク画で飾られています。
c0077531_22553935.jpg
c0077531_22552222.jpg

その中の一つ雄牛のある部分に踵をつけて回ると幸せになれるという言い伝えがあるそうで、そこだけくぼんでいました。^m^
c0077531_22581525.jpg

ガッレリアを抜けるとドゥオモです。
c0077531_063100.jpg

大理石の巨大な教会に圧倒されました。

午後はヴェローナへ
土を少し掘ればいたるところで遺跡が出て来るとのこと。
c0077531_2335419.jpg

ヴェローナにはロメオとジュリエットのお話の元になった家があります。
c0077531_23491438.jpg

このバルコニーにジュリエットが居たのですね。

中庭にあり、割と小さなバルコニーでした。

そして、ここがスカラ家のお墓。
c0077531_2384917.jpg

この中にまだご遺体が安置されているというのですから驚きです。

エルベ広場で皆が休んでいるこの建物は処刑台だったそうです。(>_<)
c0077531_23152865.jpg


そして、円形劇場
c0077531_2320322.jpg

外を見ただけです。^^;

その後、バスと水上タクシーを乗り継いでヴェネチアに到着しました。
c0077531_23405446.jpg

ホテルで夕食を食べた後、雨が降っていましたがサンマルコ広場に出掛けました。
c0077531_23423695.jpg

ここで、生演奏を聴きながらコーヒーを飲むのがお奨めだと添乗員さんに言われましたが、お腹はいっぱいだし、おばさん連中はそうそうにホテルに引き上げて明日に備えたのでした。^m^
by shige_fs | 2013-05-12 22:39 | Comments(0)

何か特別なことがあった日に時折書く日記です。^^;


by shige_fs