人気ブログランキング |

ある意味ショック!

内科へ行ってきました。
血液検査の結果は炎症の値も白血球の値も大して悪くないのだそうです。
整形の先生を散々悪く言いましたが、間違ってはいなかったのです。
ではなぜ?
それはやはりわからなくて怪我のせいで血流が悪いのかなぁとおっしゃるだけで、内科での治療もお薬もなくなりました。
皮膚科の先生を紹介して頂こうと思っていたけど、それも必要ないそうです。(~_~;)

良かったのか悪かったのか、結局このまま自然治癒を待つより仕方ないのでしょうか。(>_<)

# by shige_fs | 2020-10-29 17:25 | Comments(2)

内科へ

月に一度の内科へお薬をもらいに行く日です。
先月は怪我をして1週間後だったので、主人にお薬だけもらいに行ってもらいました。

変な歩き方をしていくので先生が「どうですか。」
「もう5週間も経つのにまだ腫れが引かないのです。」
と脚を見せるとすぐに「これは蜂窩織炎ですね。赤くなってツルツルで熱を持っている。これは蜂窩織炎の特徴です。」
と色々詳しく説明してくださいました。
一目でわかるものがどうして整形外科の先生にはわからなかったのでしょう。(~_~;)
内科の先生にも「医者に掛かっていますか?」と聞かれたほどです。

丁度血液検査もしたので、ついでにその検査も入れておきますねと言って下さり、整形外科の診察が1週間後だとわかると、とてもそれまでは待てないから明日検査の結果がわかるので明日もう一度来てください。と言われ、これだけ抗生物質を飲んでいても効かないならと追加で二日分のお薬も出して下さいました。
明日の検査結果では点滴もするそうです。

やっと病名がわかりこれで治癒に向かいそうだとホッとすると同時に、今までの診察や検査は何だったのだろうと腹が立ちます。
主人など医者を代われと言ってます。
蜂窩織炎だと整形ではなく皮膚科になるそうなので、明日先生に紹介してもらうつもりです。








# by shige_fs | 2020-10-28 12:21 | Comments(2)

美容院

髪が伸びて来て鬱陶しいので、治ったら美容院へ行こうと思っていましたが、いつになるかわかりません。
そこで、今日は主人に送迎してもらって美容院へ行ってきました!
さっぱりしたぁ(^^)/

もう一か月病院以外外へ出かけることがないので、何だか外を歩くのが怖い感じがします。
家の中では何ともないのに。
これでは治っても外へ出かけるのに少しリハビリが必要かも?(;^_^A アセアセ・・・









# by shige_fs | 2020-10-22 16:27 | Comments(2)

運勢

怪我をしてから4週間経ちました。
先週先生が「もう一度診せて下さい。」と言われたので今日が最後だろうと娘や主人にも言っていました。
しかし、腫れが全く引いていないので、二人とも「それはない!」

先月は90分遅れだったのに、今日は予約時間前に行ったら待っていたようにすぐに呼ばれました。
診察をした先生は「傷は治って来ているんですけどねぇ。」「もう一度飲み薬を出しますね。それから中がどうなっているのかMRIも撮ってみます。」
ということで、次の診察日は2週間後の11月4日。
「急速に良くなってくれるといいですね。」と先生も段々心配になってきているよう。(~_~;)

MRIの予約を取りに行くと、診察日の1週間前までに撮影しなければいけないのに空きがないとのことで、どこかに入れてもらえないかと電話をすると今日の2時なら良いということです。
その前に採血もして、MRIを撮りに行きました。
膝から指先まで腫れているので、一度には撮れず二回に分けて撮影したので30分ほどかかりました。
それにも関わらず、今日はほとんど待つこともなく次々と用事が済んだので、13時に家を出て15時くらいには帰ることが出来ました。

今朝のテレビの運勢は牡羊座が一番良かったので、何かいいことがあるかと思っていたのですがこれだったのですね!(^^)/









# by shige_fs | 2020-10-21 17:05 | Comments(2)

モンブラン

昨夜お夕飯を食べながらテレビを見ていたら、モンブラン(ケーキ)の写真が出てきました。
何気なく「美味しそう。食べたいな。」と言いましたが、そんなことは忘れていました。

ところが今日主人が「コンビニに寄ったらモンブランがあったから買ってきたぞ。」
「コンビニのだから美味しくないかもしれないけど。」と言うではありませんか。(@_@)
「最近はコンビニのも美味しいから」と言いつつ早速頂きました。

・・・・・まぁ、確かにちょっと違うかなぁ。
スポンジがパサついていて硬いけど、そんなことは大したことではありません!
何気ない一言を覚えていて買ってきてくれただけで充分です!(^O^)/










# by shige_fs | 2020-10-16 16:23 | Comments(2)

塗り薬変更

怪我をしてから丁度3週間。
病院へ診察に行ってきました。

午後3時からの予約で、少し早めにいきましたが、今日は結構混んでいるなと言う感じ。
それもそのはず午前にあった緊急手術が長引いて午後の診察が1時間遅れで始まったそうなのです。
会計の時には5時を過ぎていて支払い場所が『時間外受付』でした。
だけど本を持って行ってるから待つのは苦になりません。

「良くなってきましたね。どうなるかと心配しましたが良かったです。血液検査の結果も大丈夫でしたよ。」
私は全然心配していなかったけど・・・^^;
ただ脚の腫れだけはそのままなので歩きにくく、他人がみたら痛そうな歩き方をしているけど、痛くはありません。
何だか丸太が一本入っていて自由に曲がらないような感じなのです。
まだ傷がしっかりと治っているわけではないので、少々怖いという気持ちもあるから傷がしっかり治ったら無理してでも普通に歩く練習をしなければ。
腫れが収まれば普通に歩けるのかもしれないけど。

飲み薬はいらなくなり、塗り薬の種類が変わりました。
薬局で「薬が変わりましたけど、先生から説明はありましたか。」と聞かれたので「『薬を変えます。』と言われただけです。」
「この薬は火傷や壊死したところに塗る薬です。壊死してるのですね。」
確かに壊死してると言われてました。

まだ傷跡が生生しいのでわかりませんが、そのうちにケロイド状になるのでしょうか。
今までは10gの塗り薬でしたが、今回は100gで瓶入りです。
暫くかかるということなんでしょうね。それとも沢山塗るっていうこと?













# by shige_fs | 2020-10-14 13:42 | Comments(2)

診察

怪我をしてから2週間。
今日は診察の日です。
まだ脚はポンポンに腫れていますが、寝た状態から立ち上がった時に感じる圧迫感が昨日くらいから少し楽になったような気がして、歩き出すまでの時間が縮まったようです。

「どうですか。良くなってきましたか。」
「そうですね。多少。」
そんな会話の後、先生がガーゼを取って傷口をみると「う~ん」
「一度MRIを撮ってみましょう。中がどうなっているのか念のためです。」

ポンポンに腫れている脚は、もしかしたら地かもと思ったようで、ワイドパンツを穿いているので反対の脚のズボンの裾を持ち上げて「細いか。」
看護師さんが薬を塗って包帯をしてくれるうちに、先生がはじめて最初の傷の写真をみて、「こんなに深いのか。これじゃ時間がかかるわ。」
ということで、納得がいったようで、MRIの検査は中止。
なぜか傷口の写真を撮って、又採血をして、抗生物質の飲み薬1週間分と塗り薬が出ました。
塗り薬は前回は10gが1本だけだったので足らず、等分しながら使ったので先生にそういうと「そうですね。(傷が)長いですからね。増やしておきます。」

まだ20代ではないかと思うような若い先生です。
思い込みで治療しないで、最初にどんな傷だったか確認しましょうよ。
そうすれば、最初抗生物質の飲み薬を4日分にはしなかったでしょうに。
救急で1日分はもらっていたけど、2日間は薬が無くなってしまったし、塗り薬も傷の大きさを考えたら1本で足りるかどうかわかるでしょう。
もう少し、注意深くね。(^_-)







# by shige_fs | 2020-10-07 21:26 | Comments(2)

抜糸

午前中に主人に近くの医院で血圧の薬を貰って来てもらい、午後は市役所の人が家屋調査にみえてる間に生協の配達。
15時には病院で予約診療と忙しい日でした。
夜になるとまだ微熱が出るし、足先までパンパンに腫れてしまっているので、一週間経ってはいるがまだ抜糸は出来ないだろうと思っていたのですが、抜糸をすると言われました。
一部壊死している所もあるそうで、傷の周りは真っ赤に腫れていますが、抜糸をした方が良いのだそうです。
診察室を出た後で、看護師さんに「もし、傷口が開いてしまったらすぐに来てくださいね。」と言われ「えぇ~~!(>_<)」

病原菌が入っているかもしれないからと血液検査もしましたが、量が多いからと両腕から採血されました。
4日分しかもらっていなかった抗生物質の薬も又1週間分出ました。
そして、今までは水に濡らさないようにと言われていましたが、今度は傷口を毎日シャワーできれいに洗って塗り薬を塗って下さいとのこと。
ガーゼに薬を延ばして貼ると良いと言われましたが、薬局では塗り薬しかくれません。
「ここにガーゼや包帯はありますか。」と聞くと、「ありません。」
「コロナの関係で滅菌ガーゼが品薄なのです。」とのこと。
「え?じゃどうしたらいいの?」
「大きいドラッグストアに行かれるとあるかもしれませんし、インターネットなら買えます。」と教えて下さいました。

もし年寄りの一人暮らしでネットも使えなかったどうしろと言うの?
これでは『仏作って魂入れず』じゃないですか。(~_~;)

夜でしたが、アマゾンで検索したら、明日には着く予定です。






# by shige_fs | 2020-09-30 13:51 | Comments(2)

診察

整形外科に受診してくださいと言われましたが、予約は出来ないとのことなので、何時間待たされるかわかりません。
一人で待っていた方が気が楽なので、主人には8時半に送ってもらって、帰りはタクシーで帰ることにしました。

家に帰って来たのは11時過ぎ。
疲れた~。
そうそう、傷の痛みですが、最初からあまりありません。
自分でもびっくりするほどです。
ただ抗生物質は飲んでいるけど、微熱はあります。

丁度、主人もお買い物に行ってくれていて、「焼きそばの材料を買ってきたから」とテーブルの上に置いてくれましたが、さすがに疲れて作る気になれないので、娘が買ってきておいてくれたコンビニの冷凍スパゲティーとカット野菜、それにバナナに牛乳をかけて済ませました。

夜又娘が寄ってくれて、「インスタントの焼きそばではなくって、作れって?」とあきれていました。^m^
自分でやらない人はこんなものです。







# by shige_fs | 2020-09-24 14:09 | Comments(2)

怪我

またまたお久しぶりです(-"-;A ...アセアセ

朝お掃除をしていて外の手すりを乾拭きしていたら、階段から落ちてしまいました。
3段ほどの階段で低いので、打った所は痛かったけど打ち身ぐらいだろうと思ったのですが、ワイドパンツの間から血がポトポトとおちていたので、「わぁ、擦りむいてしまったか。」とズボンをまくってみると右膝下が何か変!
何だか黒くて10cm以上パックリ開いてます。「えぇ~~~!何これ!」
ビックリして玄関から主人を呼んで見せると、やはり一瞬何かわからないようでしたが、「救急車を呼ばなくちゃ。」と言うのですが、身体が固まってしまったようです。

「タオルを持って来て」と言うと、バスタオルを持って来てくれたので、それで足を包み、家に入ってハンドバックにお財布や保険証ハンカチなどを入れていると「救急車ってどうやって呼ぶんだ」と主人。
あきれて「119番」と言うと「市外局番はいらないのか。」と言いながらも救急車を呼んでくれました。
男の人は血に弱いと言うのは本当ですね。^m^

11時に市役所の人が家屋調査に見えることになっていたので、主人はそれが済んでから病院に来ることにしたのですが、病院で「付き添いの方は?」
「市役所の人が見えてから来ます。」と言うと、「何を言ってるの。すぐに来てもらってください。手術をしないといけないかもしれないんですよ。」
と、看護師さんが自分で主人に電話をしてくれました。^^;

でも、お陰様で骨にも神経にも異常はなく、縫合だけで済みました。
その間に主人か家族ラインで皆に報せていたので、縫合が終わった時に「今30針縫い終わりました。」とラインすると娘が「30針!すぐ行きます。」と病院へ駆けつけてくれました。

娘が来れば安心です。
後は全て娘に任せられます。

家に帰ると主人がきれいに血を掃除してくれていて、市役所の人の為に玄関にスリッパまで用意してありました。
さすが元営業マン。こういうことは安心して任せられます。(^^)v











# by shige_fs | 2020-09-23 13:28 | Comments(2)

何か特別なことがあった日に時折書く日記です。^^;


by shige_fs