人気ブログランキング |

まとめて二日分

昨日は、おばあちゃんと病院へ行ってきました。
木曜日に同じ病院へ行っているのに、すっかり忘れていたおばあちゃんが、認知症診断のテストをすると、すごい!私よりよく出来たかも。(*^m^*) ムフッ
緊張しているとまだまだしっかりしています。
テスト結果だけだと認知症ではないとのことでしたが、普段の様子からみると、認知症ではないとは言えないとのこと。
又今度、脳のCTや血流の検査をすることになりました。

そして今日は、粕漬けを漬け直しました。
毎年、おばあちゃんは畑できゅうりを作り(最近は作ってもらっていましたが)粕漬けを作るのを楽しんでいました。
去年採れたきゅうりを塩漬けして、今年の春に一度酒粕に漬けてあったのを、先日田舎に帰ったときに、衣類と一緒に二樽送ってきていたのです。

手伝って漬け直しをはじめると、嬉しくて興奮しているおばあちゃんは、思いつくまま、取り留めのない話をエンドレスにしゃべり続けてくれる。
静かすぎるからいけないのだろうと、音楽をかけてみたが、効き目がない。
同じ話を何度も聞いているうちに頭が痛くなってきたので、相槌をうつのをやめた。
さすがにしゃべるのをやめたが、今度は私が怒っているのだろうと思ったらしく、「ごめんね、こんなものを持ってきて。面倒をかけて、悪いねぇ。だけど、地震のときなんかには、非常食になるからねぇ。」と言い訳をはじめる。

単純な作業はきらいではないから、手伝うのは全然構わないのよ。
ただ、静かにやりたいだけ。
なにしろ、無口なshigeさんだから。

(〟-_・)ン?誰かの視線を感じるなぁ。
# by shige_fs | 2006-10-31 23:35 | Comments(3)

性入れ

三日間書くことが何もなかったわけではなく、書く時間がなかったのだけど、まぁ、飛ばしておきます。(*^m^*) ムフッ

今日はお仏壇の「性入れ」をしてもらいました。
主人は遅い朝ごはんを食べ終わると、「3時半からだったな。」と言って二階に上がっていってしまうので、おばあちゃんが「まるで下宿人みたいだね。」と大笑い。
「お父さんでも、もう少し手伝ってくれたけどねぇ。」と。
あなたの息子さんですよ。何とか言ってくださいよ。とは思いつつ、いつものことなので、まずは家の掃除と外の掃除。
そして、お仏壇を整えていたら、ろうそくがない。(>_<")
そして母は、お数珠が見つからない。(*_*)

そんなこんながありましたが、私の長兄夫婦と娘もお参りに来てくれ、無事に性入れが済みました。(o^∇^o)ノ
# by shige_fs | 2006-10-29 21:59 | Comments(2)

病院

おばあちゃんの物忘れがひどくて、自分でも不安だと言うので、病院へ行きましたら、完全予約制で初診でも予約するのだそうです。
折角行ったのに、予約をしてきただけでした。
駐車場が満員で、やっと停めたと思ったのに。(ノ_-;)ハア…

仕方がないので、そのままスーパーへ行き、帰ってきてから今度は仏具屋さんへ。
お仏壇を運んできたときに、木魚を忘れてきてしまったのです。(*^m^*) ムフッ
ついでにお仏さんに供える湯飲みが欠けていたので、買おうとしたら、家にあるのとは全くタイプが違うのです。
ところに寄って随分と違うものなのですねぇ。(◎-◎)
# by shige_fs | 2006-10-26 22:58 | Comments(0)

歯医者

午後から名古屋の歯医者さんへ行ったので、主人は夕食がいらないと言うし、帰りにおばあちゃんのベッドの横に置くスタンドや、ベッドカバーを見て、北海道展をしてるので、お弁当を買ってこようと、勇んで出かけました。
ところが歯医者さんで1時間45分かかってしまい、終わったのが3時45分。
ちょっとスタンドを見に行ったが、気に入ったのがなかったので、お弁当を買って帰ろうとしたら行列をしてる。
7~8人だからと並んだら遅々として進まないけど、ここまで待ったのだからと覚悟を決めて1時間並んで、お弁当をゲット!
歯医者さんへ行って、お弁当を買って帰るだけに、5時間も費やしてしまった。
疲れたよ~~~ん。(;´д`)トホホ
# by shige_fs | 2006-10-25 22:59 | Comments(6)

月参り

昨日お掃除が出来なかったので、午前中はお掃除。
午後から月参りに兄の家まで行きましたが、おばあちゃんと一緒なので、車で。
帰ってきたのは5時。
休む間もなく夕食の準備に取り掛からなければならないけど、もうクタクタ。
おばあちゃんがおしゃべりしてくれるけど、相槌を打つ元気もない。(ー。ー)フゥ
# by shige_fs | 2006-10-24 22:46 | Comments(0)

おばあちゃんの一日

美容院へ行きたいと言うので、午前中にスーパー内にある美容院へ送っていき、その間にお買い物をしました。
美容院へ行こうと玄関まで来た時に、「今からどこへ行くんだっけ。」と言われたときにはずっこけましたが。(*≧m≦*)ププッ

午後は、腰のMRI検査を受けに行きました。
狭いところに入ってジッとしているのが嫌だなぁと言っていましたが、ベッドに寝ていただけとか。(・・。)ん?
狭くなかったので、午前中の疲れもあり、寝てしまったとの事。(*^m^*) ムフッ

夜、親戚の人から電話があり、先日田舎へ行った時のことを聞かれても、忘れてしまって答えられなかったのが相当応えたようで、、忘れないように、日記をつけると言って、書き始めました。
これは良いことかも。(o^∇^o)ノ
# by shige_fs | 2006-10-23 23:05 | Comments(0)

泣く

朝、おばあちゃんが起きてきて、「毎晩考えているんだけどねぇ。」
「私は○山へ帰らないといけないんだろうか。いつまでもお世話になっているわけにはいかないからねぇ。」
「何を言ってるの。もう住民票も移したし、みんなに転居通知も出し、お仏壇も運んできたでしょ。おばあちゃんの家はここじゃない。」
「ここに居てもいいの?」と泣き出してしまうので、あまりに可哀想で、思わず抱きしめてしまいました。(+_+)

その後は落ち着いて、おばあちゃんは田舎へ忘れてきたと思われる住所録を一日中探し、私は頂き物の栗を一日中剥いていました。(T▽T)アハハ!
# by shige_fs | 2006-10-22 07:32 | Comments(2)

お仏壇到着

お仏壇が到着しました。
先日扉を取り外した押入れに縦はピッタリ、横は少し空きましたが、南無阿弥陀仏と書かれた小さな掛け軸をかけたらこれまたピッタリ!
空いたスペースにはお線香や、食器類を入れられるし、うまい具合に収まりました。\(o⌒∇⌒o)/

これでおばあちゃんも落ち着くかとおもいきや、「今度は私はどこへ行くの?」とか、「私の家はどこ?」(/∇≦\)アチャ-!
「おばあちゃんの家はここでしょ。だからお仏壇を持ってきたでしょ。」
「そやねぇ。じゃここに居させてもらっていいんだね。」(>_<")
この会話を今日は何度繰り返したことでしょう。切ないですねぇ。

でも、こちらに来た時には、帰りたいという思いが強かったけど、今度帰ってみて、もう向こうには住めない、我が家に居たいという気持ちが強くなったようです。
これで徐々に落ち着いていってくれるのではないかと期待しているのですが・・・
# by shige_fs | 2006-10-21 21:30 | Comments(5)

義母帰宅

おばあちゃんを迎えに名古屋まで行ってきました。
名古屋まではお義姉さんが送ってきてくれたのですが、新幹線のホームで私を見つけると、涙を流さんばかりに喜んで、手を握ってきました。
まるで、幼い子がお母さんに久しぶりに会ったよう。可愛いものです。o(*^▽^*)o~♪

駅からはタクシーに乗って帰ったのですが、個人タクシーで年配の人でした。
おばあちゃんより、一回り下の74歳だということでしたが、ずっとおばあちゃんにしゃべりかけています。
おばあちゃんは眠くて、居眠りをしてしまうので、私が相槌をうっても、「ねぇ、おばあちゃん!」と言うので、おばあちゃんは聞いていなくても、相槌だけは打たなくてはなりません。(*≧m≦*)ププッ
74歳ということで、そんなにしゃべって気が散らないかと不安になりましたが、眠気覚ましかと思えば、話をしていてくれるほうが良いのかとも思ったり。
とにかく、大変なタクシーでした。(T▽T)アハハ!
# by shige_fs | 2006-10-20 21:44 | Comments(0)

業務命令

主人から、とにかく今日は一日何もしないで寝ていろとの業務命令が出てしまった。(>_<")
という訳で、洗濯物を干して、ベッドに入ったら即寝てしまいました。
しかし、そこは主婦。文字通り一日寝ているわけにはいきません。
おばあちゃんの引越し荷物が届くし、お仏壇を入れる押入れの戸も外さなければ。
ちょうつがいのねじを12本外すだけだと簡単に考えていたら大間違い。
ねじの頭がつぶれてしまって、ねじが回らないのがいくつかあって、大騒動。
蝶番が残ってしまったのもあるけど、とにかく戸を外すことはできました。
それから、お買い物に行って、おばあちゃんの電話線が短かかったので、長いのを買ってきて取り替えたり。
やはり、動きながら治すのが私流のようです。(*^m^*) ムフッ
# by shige_fs | 2006-10-19 08:17 | Comments(0)

何か特別なことがあった日に時折書く日記です。^^;


by shige_fs